背景色

ネットショップに限らず、カタログや雑誌においても商品の詳細を伝えるために必ず使用されているのが白背景の写真です。
白背景に商品を配置する事で人間の視認性は非常に高くなり、近年ECサイトの流入元デバイスとして多くの割合を占めるスマートフォン等の小さな画面上においても、またスワイプによる高速な画面移動においても、複雑な背景の写真(屋外でのロケ写真やイメージ写真等)よりも商品そのものが目に留まりやすくなり、その結果検索結果一覧画面などからのアクセスが大きく上昇する傾向があり、近年ではABテストツールの結果においても数値的にその効果が実証されています。

「売れる商品写真」というテーマで様々な解釈が存在しますが、そのほとんどが実際のデータに基づいていない主観だったり特定の商品ジャンルやショップ形態での話に終始している物が多い中、世界最大の某イーコマースプラットフォームにおいても白背景の商品写真が商品登録の必須条件であるという事実からも、その重要性は疑いの余地がありません。
特に越境ECを運営される場合は国内以上に白背景商品画像の重要度は増します。

ZenFotomaticでは白背景以外にも様々な加工が可能ですが、売れる商品写真を作成したいというニーズをお持ちであれば、白背景での加工を強くお勧めします。



背景色の編集は画面左の設定パネルからペンキの絵のアイコンをクリックし、設定を行ってください。

図1

図1

白背景

背景をピュアホワイト(#ffffff / RGB255,255,255)に加工します。(図2)

図2

図2

 

背景の削除(透過)

被写体以外の背景を切り抜き、透過加工します。(図3)
バナー作成や、被写体の背景に他の背景テンプレート等を重ねたい時に有効です。
背景の削除(透過)処理を行うと、画像ファイル形式は必然的にPNGファイルとなります。

図3

図3

背景の削除(透過)加工を行う際の加工設定のポイントについてちらも合わせてご参照ください。

背景が透過処理された場合は、図4のように背景部分はフラッグ柄で表示されます(実際には透明な状態です)。

図4

図4

 

背景色の任意設定

ZenFotomaticでは売れる商品写真の精製という観点から基本的には白背景を推奨していますが、その他様々な色を指定する事も可能です。(図5)

図5

図5

[背景色の任意設定]を選択すると、カラーピッカーが表示されます。カラーピッカーから任意の色をクリックして指定する事で任意の背景色を指定する事が可能です。(図6)

図6

図6

決まったカラーコードがある場合は[背景色]したの入力ボックスに任意のカラーコードを入力する事で背景色を指定する事も可能です。(図7)

図7

図7

« 前のHelpへ            次のHelpへ »