撮影環境による加工結果の違い

ZenFotomaticで自動加工する場合、被写体がくっきりときれいに撮影されている写真においては、自動加工の成功率も上がり、且つ商品写真として美しい仕上がりとなります。

ZenFotomaticを有効にご利用いただくには白い背景紙等の均一な背景での撮影が必要となりますが、より簡単に美しい写真を撮影するには以下の撮影環境をお勧めしております。

背景用ライト:できるだけ大光量のライトを用いてライトを背景板の後ろからも当てる
商品用ライト:背景のものより弱めに、被写体が暗くなりすぎないようにライティング。
*逆光によって被写体が暗くなりすぎる場合はカメラの露出補正で明るく撮影してください

加工前                                                             加工後

立体的で、被写体の輪郭もはっきりと出ているので、商品写真として認識性の高い写真となっています。

 

一方、撮影の状態によっては以下のように自動加工に失敗したり、写真として美しくなかったりする場合があります。

【撮影時の背景とのホワイトバランスが近すぎる場合】

加工前                                                             加工後

 

【撮影時にブレてしまった場合】

加工前                                                             加工後

 

【撮影状態が暗すぎる場合】

加工前                                                             加工後

 

【均一な背景ではない場所で撮影した場合】

加工前                                                             加工後

 

【被写体へのライトが強すぎたり、カメラの露出が強すぎて、撮影時に被写体の一部が白とびしてしまった場合】

加工前                                                             加工後

« 前のHelpへ            次のHelpへ »