ZenFotomaticに最適な撮影時のライティング

ZenFotomaticでは様々な手法を用いて写真内の被写体を認識しており、その認識精度は日々向上しています。
未加工の状態で被写体がくっきりときれいに撮影されている写真においては、自動加工の成功率も上がり、且つ商品写真として美しい仕上がりとなります。

特に白い背景に白い色の商品を撮影する事は簡単ではありません。
この様な写真をZenFotomaticを使用して自動加工する為に、撮影時に下記の様な工夫を行なうと加工の成功率が向上致します。

①背景紙と被写体の間に距離を設け、背景に可能な限りの強い光量のライトをあてる。

②同時に被写体にも、撮影時に被写体の輪郭が失われない程度の適量なライトをあてる。

この2項目をクリアすれば成功率は飛躍的に上がります。

ライト数は背景用に2灯、被写体様に2灯の系4灯が好ましいですが、十分な光量があれば背景と被写体それぞれにライト数1灯ずつでも可能です。
その際は、背景にあてるライトは右から、被写体にあてるライトは左からあてる、と言ったようにそれぞれ別の角度からライトをあててください。

« 前のHelpへ            次のHelpへ »