スタンプ&フレーム

スタンプ&フレームツールを使用することで、あなたの写真に画像やテキストを挿入することができます。
「明日からのイベントに合わせて1,000枚の画像にバナーを差し込みたい」そんな作業も1クリックで可能になります。

参考画像 : 1

参考画像 : 1

ログインすると上図のようなポップが出てきます。(参考画像 : 1)
※すでに見て「×」ボタンで消したという方は次回以降(キャッシュをクリアしない限り)出てきません。
ポップの案内に従って、画面右側のプロパティーパネル最上部から「スタンプ&フレーム」タブをクリックしましょう。

メインパネル

参考画像 : 2

参考画像 : 2

メインパネルは上図の様に構成されています。(参考画像 : 2)

編集ツールエリア

参考画像 : 3

参考画像 : 3

それぞれの編集ツールは上図の通りです。(参考画像 : 3)

テンプレートの作成

「新規テンプレート」をクリックします。

参考画像 : 4

参考画像 : 4

続いてテンプレートのサイズを指定します。(参考画像 : 4)
このサイズに従って、スタンプやフレームの基本位置が決まってきます。
*テンプレートのサイズは、実際の画像のサイズとは異なります。

スタンプの作成

参考画像 : 5

参考画像 : 5

「イメージファイルの登録」ボタンをクリックしてサンプルの中からお好みのスタンプを選んで「追加」ボタンをクリックします。(参考画像 : 5)

*サムネイル画面ではすべて赤系の色になっていますが、色は何色にでも編集できます。

参考画像 : 6

参考画像 : 6

以下の順で選択したスタンプのテンプレートを編集していきます。(参考画像 : 6)

  1. 先程選んだスタンプがデフォルト値の左上に配置されているので、スタンプをドラッグ&ドロップで左下の良い感じの場所に持っていきます。
  2. さらに大きさももう少し大きくしましょう。
    スタンプの四隅の小さな四角にポインターを合わせて、ドラッグ&ドロップで適度な大きさまで拡大します。
  3. 次に、スタンプを回転させてみましょう。
    スタンプの上下左右にそれぞれグリっと曲がった両側矢印がありますね。
    ここにポインターを合わせて、ドラッグ&ドロップで回転させます。
    色も変えましょう。
  4. スタンプをクリックすると画面右側プロパティーパネルにカラーマップが現れます。
    好きな色を選んでください。

テキストの入力

参考画像 : 7

参考画像 : 7

編集ツールから「T」のアイコンをクリックしましょう。(参考画像 : 7)
画面右上に点線で囲まれたテキストスペース①と、画面右側プロパティーパネルに実際にテキストを入力するテキストボックス②が出現します。
文字はテキストボックスに入力してください。

参考画像 : 8

参考画像 : 8

実際にテキストを入力していきます。(参考画像_8)
ここでは例として「SALE!」とでも入力していますが、「送料無料」や「○○% OFF」等、その時々で効果的なものを任意で作成してください。

  1. 文字を入力したら、フォントを指定します
    フォントはお使いのコンピュータに実際にインストールされているフォントが使用できます。
  2. フォントの大きさを最適化します
    サイズのドロップダウンリストから、最適な大きさを選択します。
    文字の大きさがデフォルトのテキストスペースの大きさを超える場合は、テキストスペース周囲の小さな四角にマウスのポインターを合わせて引っ張り、テキストスペースの大きさを調整しましょう。
  3. フォントの色を変えます
    カラーマップからお好きな色を選択してください。
  4. テキスト位置を修正します
    テキストスペースをドラッグ&ドロップで最適な位置に配置します。

スタンプ貼り付けに伴う被写体位置の修正

ここまでの例では、作成したスタンプを左側に配置しました。
しかし、被写体によってはスタンプと重なってしまう場合があります。
そこで、作成したスタンプテンプレートに合わせて被写体の位置を修正しましょう。

参考画像 : 9

参考画像 : 9

ここでは被写体をスタンプの場所と反対側、右側にずらします。(参考画像 : 9)
画面中のランプのイラストが被写体位置となります。
その中央が実際に商品の中央となりますのでこれを目安にずらしていきましょう。
 

  1. ランプのイラスト周辺の適当な場所をクリックして、選択。
  2. 画面右側プロパティーパネルから「設定値のロック」のチェックを外します。
    ※デフォルトではスタンプ等の編集中に誤って画像位置を動かさないよう、「設定値のロック」にチェックが入っており、その状態では画像は移動、拡大、縮小等は一切行われません。
  3. 完成画像サイズ(テンプレートサイズ)と編集前画像サイズが一致していない場合は「画像をテンプレートのサイズに合わせる」をクリックしましょう。
    商品の写真とテンプレートのサイズが違う事を前提にしたデザインもありますので、その場合はこの工程は必要ありません。
    任意のサイズにしたい場合は、スタンプ等と同様に周囲の小さな四角をドラッグ&ドロップで引っ張って調整してください。
  4. 「設定値のロック」を外したら、ランプのイラスト周辺をクリック、ドラッグ&ドロップでちょうどいい場所まで移動させましょう。
参考画像 : 10

参考画像 : 10

完成イメージは上図のようになります。(参考画像 : 10)

作成したテンプレートの保存

参考画像 : 11

参考画像 : 11

テンプレートが完成したら一旦保存します。(参考画像 : 11)
編集ツールから保存ボタンをクリック、テンプレートに名前を付けて下の「保存」ボタンをクリックします。
ここでは「テンプレート」と名付けました。

作成したテンプレートを実際の画像に貼り付ける

参考画像 : 12

参考画像 : 12

作ったテンプレートを使って商品画像に貼り付けていきます。
画面右上の青い「このテンプレートを仕様」をクリックして、その横の「>」ボタンでスタンプツールの画面を終了しましょう。(参考画像 : 12)

参考画像 : 13

参考画像 : 13

商品画像編集画面に戻ります。(参考画像 : 13)
画面右側のプロパティーパネル上部「スタンプ&フレーム テンプレート」で、先程保存した「テンプレート」が選択されていることを確認してください。
*一旦保存されたテンプレートは以降ここからも呼び出しすることが可能です

スタンプ&フレーム機能を使わない場合は「オフ」を選択してください。

参考画像_14

参考画像_14

作成したスタンプのテンプレートを貼り付けたい画像を選択し「画像の加工」をクリックすると、背景処理や輝度補正等のZenFotomaticの基本作業に加えて、作成したスタンプが、設定位置に貼り付けられていきます。
被写体の位置も先程テンプレートで設定した位置に合わせて移動します。

*注 : スタンプ&フレーム機能を使用する際は、リサイズ値は選択されたテンプレートの値となり、通常の画像加工画面で設定されている値は無視されます。

【スタンプ&フレーム機能の応用編】

任意のスタンプやフレームを使用する

スタンプ&フレーム機能では、お手持ちのバナー・ロゴ等もアップロードしてご利用いただけます。

参考画像 : 15

参考画像 : 15

スタンプツール内の編集ツールから「イメージファイルの登録」ボタンをクリック。
左下の「アップロード」をクリックして、ご自身のコンピュータから任意のファイルを選択してください。(参考画像 : 15)
*ファイル形式はjpg、pngファイルがご利用頂けます

参考画像:16

参考画像:16

上図のようにアップロードされました。(参考画像 : 16)
アップロードしたスタンプやフレームに合わせて画面右側プロパティーパネル上部のテンプレートのプロパティーからサイズを調整してください。

参考画像 : 17

参考画像 : 17

上図のように、アップロードしたバナー・フレームを上図のように貼り付けできます。(参考画像 : 17)

参考画像 : 18

参考画像 : 18

また同様の手順で上図(参考画像 : 18)のように透かしバナーを貼り付けることもできます。

次のHelpへ »