画像を白抜きするメリットを教えてください。

商品画像をシンプルな白背景にする理由は、より売れるからです。
しかし白抜き画像の精製はこれまで1枚1枚熟練者による手動加工であったため、
膨大な時間とコストが発生し、それが商品登録作業のボトルネックとなって、
結果的にライバル店舗に先を越され、プロパーセール時期を逃すなどの原因となっていました。
ZenFotomaticは1クリックでそれらの問題を一気に解決するツールです。

商品にもよりますが、食品や特殊商材以外の商品は、シンプルな白の背景の商品写真のアクセス率、コンバージョン率(アクセス数に対して販売に至った割合)が高い傾向にあります。

以下の例では、白背景の商品画像が、未加工画像や複雑な背景で撮影された写真よりも約1.5倍売れたと言う結果が出ています。

[商品画像のABテストツールを使用した際の結果]

しかし、撮影した写真を綺麗な白背景商品画像に加工するには、これまで専用ソフトを用いて膨大な作業を写真の枚数分行う必要がありました。

[実際の作業内容]
レタッチソフトの購入・勉強・習得 / 余計な背景の切り取り / 背景を白く加工
被写体の明暗補正 / 画像のリサイズ / 被写体のセンタリング / ロゴの挿入
コメントの挿入 / ボトムライン調整 / 被写体角度修正 / データサイズ圧縮...etc

[問題点]
・時間がかかる(熟練者作業者の例:1枚= 約5〜15分 / 枚)
・コストがかかる(時給¥1,000の場合:1枚= 約¥100〜¥150 / 枚)
・レタッチャー人材(画像加工人材)の高離職率、獲得が困難、人材教育とコストがかかる
・新規商品登録に時間がかかる = 商品滞留時間が長く資金繰りに影響
・ライバル店舗に先を越され、プロパーセール時期を逃す = 利益率低下
 

[お悩みポイント]
・写真のクオリティーを疎かにすると、アクセスやコンバージョンに悪影響
・写真の枚数を減らすと、コンバージョンに影響(*写真枚数が多い程、客単価・コンバージョン向上につながります)

これを解決するのが、ZenFotomaticです。

暗い写真も、中心がずれた写真も、大量の画像も、様々な種類の被写体も自動でどんどん加工します
[ZenFotomaticで解決できる事]
・商品登録作業の効率化と高速化
・内製作業・外注費に比べ圧倒的なコストダウン
・ネットショップ事業者としてもっと重要な仕事に集中できる
・作業の属人化排除によりクオリティーレベルの安定と人材コスト(教育費含む)の削減

次のHelpへ »