Blog / アップデート情報

アルファチャンネル(背景透過)情報を持つ画像に対応しました!


日々のネットショップ運営、デザイン業務、ご苦労様です!
この時期、クリスマスや年末年始の準備で大忙しですよね。
そんな猫の手も借りたい時に、THE作業はやりたくない!いや、そもそも面倒な単純作業大キライ!という方に本日ZenFotomaticはまた新たなアップデートを行いましたのでどうぞお付き合いくださいませ!

今回は、出版業界やメーカーから配布されるような既に完成度の高い切り抜き処理が施された画像、もう少し専門的に言うと、既に背景が透過されたアルファチャンネル情報をもったPNG画像の処理にZenFotomaticが対応しました。

ん? ちょっと待てよ。。ZenFotomaticって自動切り抜き処理ツールじゃ無いの?  既に切り抜かれてるなら必要ないじゃん。。とお思いの方、オシぃ!

切り抜き処理は手間もかかるし人によって差も出る、そもそもそれなりの精度を出すにはそれなりの技術も求められる、面倒かつ頭の痛い作業です。
しかし、必要な処理はそれだけではありませんよね? 切り抜いたから良いというものではもちろんありません。
被写体によって異なる大きさを一定のサイズの画像に決められた余白の値に基づいて画角調整したり、微妙に斜めな被写体を角度調整したり、明暗補正したり、、、書ききれませんので割愛しますが商品画像加工と一口に言っても様々な処理が含まれているじゃないですか。

ZenFotomaticは、それらの処理を一括して大量に自動処理するツールです。(もちろん数枚でも効果アリです。)

さて本題に戻りますと、画像処理のニーズって実は自分が撮影した写真に対してだけではないんですね。
冒頭に書きました、「出版業界やメーカーから配布されるような既に完成度の高い切り抜き処理が施された画像」をネットショップ掲載用にリサイズして、それに合わせて被写体のサイズ調整したり、切り抜かれている背景に白背景を付加したりといった作業も少なからず存在します。

加工前の画像
加工前の画像

そう。こんな画像です。
切り抜き処理は既にされていますが、被写体が斜めになってるしそもそも画角がおかしい。

実は昨日まではゼンフォトマティックでは既に切り抜かれたアルファチャンネル情報を持つ画像を加工すると、うまく加工できませんでした。
(言い訳 : 切り抜かれた写真に背景付けるって従来ZenFotomaticが行う処理と真逆だし...と思っていました。勉強不足すいません!)

それが本日より、上のような画像でも、

初期設定での加工後の画像(白背景)
初期設定での加工後の画像(白背景)

うん、かなりクオリティー高いですね!
画角調整(被写体のセンタリングや大きさ、余白の調整)はもちろん、元画像では微妙に斜めになっていた被写体がまっすぐになってます。

上の画像は白背景で処理したものですが、もちろん背景透過を保ったままでも処理可能です。それが下の画像です。

加工後の画像(背景透過・切り抜き)
加工後の画像(背景透過・切り抜き)

そしてもちろん、ZenFotomatic最大の特徴である一括、バッチ処理にも対応しています。

元画像
元画像
加工後の画像(背景透過)
加工後の画像(背景透過)

 

もう一度簡単に言うと、今回のアップデートは

既に背景が透過(切り抜き)されている画像のリサイズと画角調整、背景色の付加が一気に自動で処理されるようになった。

という内容です。
簡単そうに見えるかもしれませんが、実は相当に面倒で時間のかかる処理ですので、このような問題を抱えていらっしゃるデザイナーさんや画像処理ご担当者の皆様にお役に立てれば嬉しいです!

PS
実は当ニーズはZenFotomaticユーザーであるフランスの超有名な化粧品メーカーさんからのご相談から実現に至りました。ヨーロッパのユーザーは総じてクオリティーに対する要望が高く、クリエイティブな表現に対するこだわりがすごいんです。特にオンラインショッッピングはスマホ経由のアクセスが多くなりこれまでよりも更に文字を読んでもらえなくなってきています(涙)。 商品画像の重要性が更に高まっているということですね。

 

ZenFotomaticチーム : Daisuke

顔部分の自動除去機能がリリースされました

顔部分の自動除去機能がリリースされました

こんにちは!

商品写真にモデル画像を使用しているネットショプ、カタログ制作関連の皆様に朗報です!

「モデルとの契約が切れて肖像権の問題で顔部分を隠さないといけなくなった。大量の写真の編集が大変...」
「スタッフに商品を着せた(持たせた)写真を使いたいけど、顔を出したく無い。」

なんてお悩みはございませんか?

本日、写真から人物の顔を自動認識して鼻から上をカットする機能、[顔部分の自動除去]をリリース致しました。
(勿論、バッチ処理で大量一括処理対応です!)
マニュアルはこちら

上記の様なお悩みには勿論効果的ですが、そもそも皆さん、売れる商品画像についてどの様にご理解していらっしゃるでしょうか?

ZenFotomatic Blog
商品画像は2種類ある その①
なぜ商品画像の背景は白なのか?

こちらのブログでもご紹介していますが、合わせて[顔部分の自動除去]機能をリリースした理由にも触れたいと思います。その理由は単純に、、

売れるから

です。

商品画像のABテストツール(その名もズバリABテスタ)の結果では、モデルの画像を使用した場合にモデルの顔を出さない方が売れるという結果が出ているそうです。
全ての商品やショップに当てはまるわけではありませんが、この結果は主観値ではなく完全なる論理値ですので信じるも信じないもありません。事実なんです。

背景の白抜きや切り抜きもそうですね。
ファッション、雑貨、工具、文具、スポーツ用品などなど、一部の食べ物以外はほとんどがシンプルな白抜きのCVR(=転換率=商品ページを訪れた人の中で購入に至った割合)が高く売上単価も上がる傾向にありますが、顔部分を隠す作業も白抜きも画角調整も、その全ての[THE作業]がとにかくめんどくさいし属人的だし時間はかかるし、こんな事何時間もかけて作業する自分やスタッフの人件費で利益がどんどん目減りします。

商品撮影、画像加工、商品登録、出荷、サイト制作、問い合わせ対応、広告戦略、などなどネットショップ運営に関わるほとんどの業務経験者で構成される我々ZenFotomaticサポートチームが引き続き声を轟音にしてお伝えしたいのが、コストに見合わない[THE作業]を自社であれ外注であれ人間が行うという事は、儲からないか、この人材難な中ブラックな労働環境(外注なら外注先が)になるかしかありません。つまり、このご時世ネットショップとして成功する、または、成功し続ける事はまずありません。

あなたや、あなたのチームが行うべき事は、ショップ運営でありお客様とのコミュニケーションであり、商品の事を考える事では無いでしょうか?

我々ZenFotomaticチームはそうしたネットショップの[THE作業]の撲滅・軽減に向けて、今後もテクノロジーを駆使して努めてまいります!

続きを表示 »

チャットから簡単にお問い合わせいただけるようになりました!

チャットから簡単にお問い合わせいただけるようになりました!

いつもZenFotomaticをご利用いただきまして誠にありがとうございます。


お客様により快適にZenFotomaticをご利用いただけるよう
本日より「チャットサポート」を開始いたしました!

ZenFotomaticの操作画面右下に表示されているチャットウインドウから弊社サポートスタッフに直接お問い合わせが可能です。

続きを表示 »

ジュエリーや時計の商品画像加工に最適な新機能をリリースしました

ジュエリーや時計の商品画像加工に最適な新機能をリリースしました

日々のネットショップ運営、大変お疲れ様です。

本日、商品画像の色味を自然に保ったまま全体の色味をくっきりと鮮やかに持ち上げる機能、[自然な彩度]をリリースいたしました。
当機能は以下のような場合に大きな効果を発揮します。

  • 撮影時に露出が強すぎて色が白くモヤっとしている
  • ジュエリーや時計など、金属系の商品をもっと煌びやかに見せたい
  • グリーンやカーキ色の洋服の色が出にくい

特にジュエリーや貴金属のカラーを鮮やかに見せる事に効果を発揮するので、高級感がグッと増します。
また、ジュエリーのプラチナやシルバー部分は色を変えずに色石の彩度だけを上げたいときに、オススメです。
もちろん、洋服や工具にも効果がありますので、まずは是非お試しください!

新機能 [自然な彩度] のマニュアルはこちら
https://support.zenfotomatic.jp/zenfotomaticサポート/マニュアル/色彩調整/

続きを表示 »

ZenFotomaticサポートサイトがオープンいたしました。

ZenFotomaticサポートサイトがオープンいたしました。

こんにちは。
本日ZenFotomaticのサポートサイトが開設されました!

ZenFotomaticサポートサイト

続きを表示 »

マスクツールで直線が引けるようになりました

マスクツールで直線が引けるようになりました

マスクツーでキーボードの[shift]キーを使って直線が引けるようになりました。

・自動での加工に失敗した
・ちょっと手動で細部を手直ししたい

こんな時には被写体をドラッグ操作で塗りつぶすだけのマスクツーが有効です。
もちろん細部までキッチリ塗りつぶす必要はありません。
適当に塗りつぶすだけでも、細かい部分は自動で切り抜きしてくれるのが良いところですね。

今回、直線的な被写体の塗りつぶし作業をさらに楽にするため、[shift]キーを使って直線が引けるようにアップデートされました。
 

続きを表示 »

画像の切替移動が簡単に出来るようになりました!

画像の切替移動が簡単に出来るようになりました!

こんにちは!
この度ZenFotomaticがアップデートされ便利な機能が追加されました。
ユーザーの皆様からもリクエストの多かった機能です。
大変お待たせいたしました!

これまでは画像を拡大表示中に他の画像に移動したい場合は一度拡大表示を閉じる必要がありましたが、
今回のアップデートで画像の左右にある「<」「>」ボタンを押していただくことで前後の画像に移動することが可能になりました。

続きを表示 »

選択モードが記憶されるようになりました

選択モードが記憶されるようになりました

ZenFotomaticはユーザーの皆さんの撮影環境や被写体似合わせて、非常に細かな設定が可能です。
しかし、高機能なために、その分たくさんの設定項目がありますよね。

そこで、ZenFotomaticには以下の2つのモードをご用意して、使いやすい方で使っていただけるようになっています。

参考:ZenFotomatic Blog (シンプルモード追加のお知らせ)

 

シンプルモード

スタンプ&フレームリサイズ機能AUTO CROP(写真から自動的に被写体を認識し、画像の切り抜きや白抜き、被写体のセンタリング等を行う機能)、背景色の選択機能ファイル保存オプションの、ネットショップの商品画像加工に最低限必要な機能だけを表示します。

続きを表示 »

設定値の保存ができるようになりました!

設定値の保存ができるようになりました!

今までなんでなかったんだ...

世界46か国のZenFotomaticユーザーの皆様、大変お待たせ致しました。

ZenFotomaticで商品画像を自動加工する際の設定値を保存してプリセットを作成することができるようになりました。


*設定値の保存についての詳しいマニュアルはこちら

続きを表示 »

CMYKデータでの画像アップロードに対応いたしました。

CMYKデータでの画像アップロードに対応いたしました。

印刷業界の方々に朗報です!!!

zenfotomaticではこれまでRGBデータの画像のみ加工が可能でしたが、本日よりCMYKデータでもご利用いただけるようにアップデートいたしました。

これによって、CMYKカラーの画像をお取り扱いのユーザー様には画像編集ソフトなどで一旦RGBカラーに変更していただいてからzenfotomaticにアップロードしていただく必要がございましたが、その手間がなくなり更なる業務の効率化が可能となります。


※CMYKデータとは・・・
カラーモードには「RGB」と「CMYK」の2種類があります。
RGBカラーは、光の三原色「R(赤)・G(緑)・B(青)」のことです。
PCのモニターやデジカメ、スキャナなどは、RGBカラーで色が表現されています。
ネットショップの商品画像などはRGBカラーで作成します。

一方CMYKカラーは、色料の三原色「C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)」のことで主に印刷物用はCMYKカラーで色が表現されています。
名刺やパンフレットなどはCMYKデータで作成します。

続きを表示 »